スクリーン の検索結果

NKKスイッチズ 多機能スイッチ「フルスクリーン カラーIS」額縁部分の幅0.5ミリを実現

NKKスイッチズは、社名を4月に日本開閉器工業から変更した。 JECA FAIRには、多機能スイッチ「フルスクリーン カラーIS」、全モールド直流専用小形スイッチ「VS01シリーズ」、防水形照光式押ボタンスイッチ「YB2シリーズ」、各種照光式押ボタンスイッチや各種防水対応スイッチを中心に展示する。 このうち、多機能スイッチ「フルスクリーン カラーIS」は、有機ELディスプレイの額縁部分の幅を0・5ミリと極限まで細くするとともに、フルスクリーンの感じを出すために、独自のレンズ形状を設計し、レンズ効果を活用することで、表示面を最大限生かした操作部を実現した。同時にスイッチの筐体もフルスクリーンを実…


日本開閉器工業が創立60周年記念商品 カラー有機ELスイッチに新型 フルスクリーン表示実現

日本開閉器工業(大橋智成社長)は、創立60周年記念商品のひとつとして、有機ELディスプレイを採用した新感覚の「フルスクリーンカラーISシリーズ」を5月から販売開始する。価格は6521円。 同社は1989年にスイッチに絵や文字・数字などのキャラクターが液晶で表示できる多機能なインテリジェントスイッチ「ISシリーズ」を発売。その後、液晶に加えカラー有機ELなども採用して用途を広げてきた。 今回の新商品は「表示部分の枠をなくすとともに、タッチパネルにはない操作感覚のあるスイッチのストローク感を実現した」(大橋社長)もの。 有機ELディスプレイの額縁部分の幅を0・5ミリと極限まで細くするとともに、フル…


オプテックス・エフエー業界最長の検出距離と最高のスクリーン幅光電センサ2機種発売

オプテックス・エフエー(小國勇社長)は、業界最長の検出距離40メートルを実現したハイパワーファイバユニット「NF―TX01」(標準価格1万6800円)と、業界最高クラスとなる40ミリ幅のスクリーン光を実現したスクリーンファイバユニット「NF―TS40」(同2万4800円)=写真=の光電センサ2機種を発売した。国内販売目標は両機種とも1000台。 NF―TX01は、ファイバユニットで業界最長となる検出距離40メートル(従来は約20メートル)を可能にした。ファイバケーブル部は長さ20メートルで、フリーカット仕様で取り回しも自由に行える。 また、大径レンズを内蔵、IP67対応で水滴や汚れ、粉塵などレ…


IDEC 社員向けに厚生棟新設、スポーツクライミングは同社の「サスケくん」監修

IDECは、福利厚生の充実と社員の健康促進のため、本社構内にフィットネスジムやヘルスケアセンター、宿泊施設を備えた厚生棟(大阪市淀川区)を新設した。 厚生棟は、2階にボルダリング設備や10種類以上のトレーニングマシン、シャワールームなどを備えたフィットネスジムと、非常勤の産業医と常勤の保健師が対応するヘルスケアセンター、3階にシングルルーム8室を用意した宿泊施設を設置。宿泊は、本社に宿泊を伴う出張の際の利用となっている。 ジムのスポーツクライミングは、スポーツ・エンターテインメント番組「SASUKE」に出演した同社の若手社員「サスケくん」こと森本裕介氏が監修しており、ボルダリングや指先だけでぶ…


アルファTKG 「図面管理システム」からIoTを実現する

世界初の中堅中小製造業向けIoTシステムが完成 株式会社アルファTKGは、製造工場の図面や書類(ドキュメント)管理をはじめ、工程管理、生産管理ソフトの開発・販売会社です。 特に、中小製造業の現場にマッチしたソフトを開発・提供することが大きな使命です。 中小製造業のデジタル・イノベーション推進 現在、業界内で販売され使用されているソフトは、大企業向けのPDM、PLM/ERPやCRMなど、比較的大規模システムが主流で、中堅中小製造業にとっては導入に多額の費用と労力を要し、導入への敷居は決して低くはありません。 当社は2014年3月、東京・日本橋で創業しました。創業のキッカケは「IoT化を目指す多く…


ZWSOFT、さらなるスピードアップを実現、CADソリューション「ZWCAD 2020」発表

製造業界向けCAD/CAMソリューションのサプライヤーであるZWSOFT社(中国・広州)は、DWG対応CADソリューションの最新版「ZWCAD 2020」を発表した。 新製品はマルチコアプロセッサーテクノロジーを使用し、既存の「ZWCAD 2019」と比較して、よく使用されるコマンドと操作は平均150%、図面展開は32.4%、図面読み取りは73.5%速くなり、性能が飛躍的に向上。操作の安定性はそのままに、更なるスピードアップを実現している。   1つのテーブルで必要なデータを一括管理 データ抽出機能により、オブジェクトのさまざまなプロパティやデータを抽出し、それらを編集中の図面にテー…


産業Ethernet フィールドバスを逆転、IoT・デジタル化が追い風

産業ネットワークの変遷(HMS、産業ネットワーク調査レポート分析) Ethernet/IPとPROFINET 躍進 いま製造業は「つながる」がキーワード。機器同士、機器と人、現場と事務所、工場同士など、関わる人・モノをネットワークでつなぎ、最適な生産体制の構築が進められている。 そのつながるインフラのベースとなるのが「産業ネットワーク」。IoTやスマートファクトリーが声高に叫ばれるようになったここ数年で大きく変化している。   産業ネットワークは、フィールドバス、フィールドネットワークとも言われ、PLCやセンサ、モータなど製造現場の制御機器をつなぎ、情報のやりとりの基盤として生まれた…


シーシーエス 京都AIラボを開設、画像処理におけるAI導入をサポート

画像処理検査⽤LED照明メーカーのシーシーエス(京都市上京区)は、AIを活⽤した検査環境の提案を加速するため、京都本社内にAIラボを開設し、6⽉17⽇から運営を開始した。 近年、⼈⼿不⾜の解消や品質の向上を⽬的として、産業⽤途へのAIの活⽤ニーズが急速に⾼まっている。 同社は、AIによる画像認識においても、検査環境および検査対象に最適な照明・カメラ・レンズの提案を⾏い、より⾼い認識精度、安定した判定を実現するために、2018年7⽉に東京営業所内にAIラボを開設し、検査プロセスにおけるAI導⼊のサポートを⾏っている。 今回、京都AI ラボを開設することで、⻄⽇本におけるユーザーへのAI導⼊⽀援の…


工場新設・増設情報 6月第1週 富士フイルム、森永製菓、オークマ、ヤマハ発動機など

▶︎富士フイルム 同社の内視鏡製品の生産拠点である富士フイルムテクノプロダクツ佐野工場内(栃木県佐野市)に新工場を建設、9月から本格稼働させる。新工場は、IoTやAI技術を活用した最新のスマート工場で、内視鏡スコープを生産。生産能力は従来の2倍になる予定。 総延床面積は1万1275平方メートル(地上2階建て)、竣工は6月末、稼働開始時期は9月を予定。総投資金額は約40億円。   ▶︎森永製菓 主力のアイスクリーム商品「チョコモナカジャンボ」などの生産体制強化のため、19年4月から建設中の高崎第3工場(群馬県高崎市)に、製造ラインの新設を発表した。アイスクリーム市場は年々拡大しており、…


三菱電機 油加工液仕様ワイヤ放電加工機、48時間超連続稼働

三菱電機は、1台で小型精密電子部品から中型自動車用駆動部品まで、多様な高精度金型加工を実現する油加工液仕様ワイヤ放電加工機「MX900」を5月16日に発売した。 新製品は、高推力シャフトリニアモーターと超高剛性リニアガイドを組み合わせた駆動システムによって、加工時の微小な軸振動をサブミクロンレベルまで低減することができ、業界最高水準という加工面の粗さ0・4μmRz(超硬合金厚さ80ミリメートル)を実現。土台部分に、従来比約50%高重量の高剛性鋳物を採用しており、歪みや経年劣化などによる機械変位を抑制している。 機械本体から加工電源などの熱源を分離して独自制御技術「サーマルバスター」を搭載してお…