オプテックス・エフエー業界最長の検出距離と最高のスクリーン幅光電センサ2機種発売

オプテックス・エフエー(小國勇社長)は、業界最長の検出距離40メートルを実現したハイパワーファイバユニット「NF―TX01」(標準価格1万6800円)と、業界最高クラスとなる40ミリ幅のスクリーン光を実現したスクリーンファイバユニット「NF―TS40」(同2万4800円)=写真=の光電センサ2機種を発売した。国内販売目標は両機種とも1000台。

NF―TX01は、ファイバユニットで業界最長となる検出距離40メートル(従来は約20メートル)を可能にした。ファイバケーブル部は長さ20メートルで、フリーカット仕様で取り回しも自由に行える。

また、大径レンズを内蔵、IP67対応で水滴や汚れ、粉塵などレンズの汚れに強い検出が可能である。こうした特徴から、自動車の塗装工程や立体駐車場での位置制御、鉄鋼業界や物流業界で使用できる。

NF―TS40は、独自の光学設計によりレーザ光のような近並行光を実現。ワイドな40ミリ幅の光芒により、最小検出物体0・3ミリまで対応でき、通過位置にバラつきのある小型部品や、錠剤の落下・通過検出・カウントに最適である。

また、取り付け穴部の素材にはSUSを採用。締め付けによる変形がなく安定した検出を可能にした。

主要販売先は各種部品メーカー、食品・医薬品業界など。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る