クラウド の検索結果

クラウドファンディング、WEB受託加工・生産、開発・設計新手法で効率化

顧客の要求や市況、現場の状態に合わせて柔軟に対応できるように工場、製造工程を高度化することをスマートファクトリーとするならば、その前段階である開発・設計も柔軟に対応できる仕組みが求められる。 そこで再び注目を集めているのがメイカーズムーブメントから生まれたクラウドファンディングやクラウドソーシング、WEB受託加工・生産サービスなどの新たな仕組み。手軽さとスピード感を生み出し、メーカーの開発部門等で有効活用が進んでいる。   手軽さ、スピード感 メーカーでも有効活用 富士経済がまとめた「NEXT FACTORY関連市場の実態と将来展望2018」では、ものづくり関連のクラウドファンディン…


日本ハネウェル ガス検知クラウド提供、安全状況リアルタイム追跡

日本ハネウェル(東京都港区)は、有毒ガスが発生する可能性があるところで勤務している作業者の場所と安全状況をリアルタイムで容易に追跡して保護をするガス検知クラウドサービス「ProRAE Guardian Loneworker」の提供を開始した。 同サービスは、無線通信でガス検知器とクラウドベースソフトウエアを結合し、安全管理者と作業者を常に安心して携帯通信で管理ができる。安全管理者は、リアルタイムで作業者の場所、検知器の状態を見ることができ、ガスや負傷者が発生した時も警報を受信して迅速な対応を可能にする。 価格は、端末となるマルチガス検知器「MicroRAE(LEL/O2/CO/H2S)が11万…


【各社トップが語る2019】ECADソリューションズ、クラウド対応ECAD拡販

代表取締役社長 鈴木 忍 日東工業のグループ会社としてスタートして1年が経過した。ワコムのエンジニアリングソリューションビジネスユニット事業のすべてを継承しているが、日東工業との共通のお客様が多く、お互いのシナジーを提供しやすい市場だと感じている。 2019年3月期の売り上げは前年比2桁増を見込んでいる。当社製品がIT導入補助金の対象になったことや、ウィンドウズ7終了に伴う買い替えなどが主な要因であった。 このほど、電気設計CAD「ECAD DCX」では、新たにクラウドベースで部品ライブラリを利用できるサービスを開始した。本サービスを紹介する特設Webサイトも開設し、ECADユーザーがより効率…


ECADソリューションズ 電気設計CAD大幅改良、クラウド連携 最新データ活用

ECADソリューションズ(さいたま市中央区)は、制御盤・配電盤・受電盤などの設計・製造工程の効率化に貢献するデータベース型電気設計CAD「ECAD DCXシリーズ」で、11月からクラウドでの部品ライブラリの提供を開始した。 クラウド環境を利用することにより、高圧・低圧・制御など、その盤に必要な最新の部品データだけ利用することができる。 製造工程への展開も容易 一般に盤設計では、顧客から使用部品を指定されることも多い。クラウド上には各部品メーカーの最新情報が利用できるようになっており、図面作成中に容易に探すことができる。部品価格の改定なども常に反映された設計が可能になってくる。 「ECAD DC…


OKI クラウドサービス、機密性の高い図面の保管に

沖電気工業は、デジタル図面活用のクラウドサービス「TerioCloud(テリオクラウド)」に、より高レベルでのセキュリティ対策が可能な、プライベート環境で利用できるソフトウエア「TerioCloud Private(テリオクラウド プライベート)」を11月6日に販売開始した。 TerioCloudは、デジタル化した図面をクラウド上で共有し、モバイル端末での閲覧などが可能で、さらにモバイル端末で図面上に記録した作業結果や写真などから、報告書の作成が可能なクラウドサービス。 新サービスは、従来の機能に加え、企業内環境で利用するために必要な管理・運用機能として、利用者ごとの図面活用状況の表示・集計機…


アルゴシステム 次世代産業用PC、クラウドで現場の情報化推進

アルゴシステムでは、IoT/M2Mを推進するクラウドトータルソリューション「ALGOSYSTEM ACE」として、次世代産業用PCとクラウドサービスを提案している。クラウドと高速携帯通信LTEを閉域網で接続しセキュリティを確保、端末1台からでもサービスを開始できるようスモールスタートが特徴となっている。 端末となる産業用PCは、LTE・無線LAN/Bluetoothに対応し、UPS(無停電電源)機能を標準内蔵。 ラインアップは、x86系CPU搭載モデル・ARM系CPU搭載モデルを用意。パネルマントタイプ、組込みPC、オペレーター端末として最適なVESA取付タイプなど100機種以上、さまざまな顧…


ワゴジャパン クラウド対応コントローラ「PFC100/200シリーズ」

Azure認証取得 ワゴジャパンのクラウド対応コントローラ「PFC100シリーズ」と「PFC200シリーズ」が、Microsoft Azure認証を取得した。この認証は、システムがAzureクラウドで最適に動作することを認めたもので、IoTクラウドシステムの構築に利便性と確実性を提供する。 PFC100/PFC200シリーズは、製造ラインや装置とクラウドをつなぐ架け橋となるIoT/M2M対応PLCで、Industory4.0時代の要求に応える機能を搭載した新世代のコントローラ。 リアルタイムLinux OSを搭載、SSH、SSL/TLS、VPN、ファイアウォールなど高レベルのセキュリティを標準…


GEとマイクロソフト、産業IoTで過去最大規模の提携 AzureをPredixの標準クラウドプラットフォームに

GEとMicrosoft、顧客企業のインダストリアルIoT導入の加速化に向け、過去最大規模の提携を発表 パートナーシップの拡大により、産業分野の企業がIoTやデータ資産からより優れた情報を得られるよう支援するとともに、GEのあらゆる事業部門でイノベーションを加速 GEとマイクロソフトは、両社の提携を拡大し、産業分野の企業がデジタル・トランスフォーメーションを進める上で直面する課題の解消に向け、オペレーション技術と情報技術の融合に取り組むことを発表しました。この協業の一環として、GEデジタルは、Microsoft AzureをGEのPredixソリューションの標準クラウドプラットフォームとし、P…


FAプロダクツ/MODE/神戸デジタル・ラボ 高速クラウド提供 製造業に特化

通信環境・データ収集 パッケージ化で導入容易 FAプロダクツ(東京都港区)は、米・MODE、神戸デジタル・ラボ(神戸市中央区)と共同で製造業特化型高速クラウドサービス「FA Cloud」を開発、9月下旬から提供を開始する。 新サービスは、多くのスマートファクトリー化プロジェクトを立ち上げたFAプロダクツの経験を基に企画・開発。クラウドサービスだけでなく、PLCや産業機器に対応した現場視点のデータ収集システム、携帯回線を活用した通信環境など、導入しやすいパッケージとして提供する。また、本社、工場長、現場など、それぞれのニーズに合わせた可視化(BI)ツールや分析ツールも用意している。 MODEの超…


NTTドコモ、5G時代のソリューション創出に向けた「ドコモ5Gオープンクラウド」の提供開始

テレコムクラウド・AI技術をパートナー向けに提供、技術検証を6社と開始 NTTドコモ(以下、ドコモ)は、第5世代移動通信方式(以下、5G)の時代に求められるソリューションの創出を推進するため、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加いただいているパートナー企業・団体(以下、パートナー)向けに、「ドコモ5Gオープンクラウド」を、2018年7月26日(木曜)より提供します。 ▲「ドコモ5Gオープンクラウド」の提供イメージ   「ドコモ5Gオープンクラウド」は、2018年4月に開設した5G技術検証環境である「ドコモ5GオープンラボTM」とクラウドコンピューティングの設備(以下、クラ…