横河電機 クラウド型アセット監視 プラント設備 保守を効率化

横河電機は、プラントに配置された設備や装置などのアセットから運用技術(OT)データを収集し、適切な形に集約して表示するクラウドベースのアセット監視サービス「OpreX Asset Health Insights」を提供開始した。

同サービスは、センサからポンプ、チラー、コンプレッサー、タービンなど、あらゆる種類のアセットを監視でき、圧力、流量、温度、振動などの測定に使用される旧式から最新式までのさまざまなセンサに接続可能。リアルタイムのアセットデータをAIやMLで解析して、将来の事象を予測でき、不要なメンテナンスを最小限に抑えることができる。リアルタイムデータと過去の水準データを使用して、不具合の予兆を検知し原因を推測可能。

サイロ化されたアセットのデータを統合モデルを利用してリアルタイムで共有し、エネルギー、パフォーマンス、メンテナンスの最適化などの多様な観点からアセットの状況を検証できる。問題なく機能している設備に対するコストのかかるメンテナンスが不要になり、効率性の向上とダウンタイムの削減が図れ、注意すべきアセットの管理に集中することが可能となる。

石油・ガス、石油化学、化学、鉄鋼、パルプ、紙、電力、排水処理、医薬・食品業界向けに最適で、アセットの監視、アセットのパフォーマンス管理、エネルギー管理、データの有効化を提供する。

https://www.yokogawa.co.jp/news/press-releases/2022/2022-06-06-ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG