アナライザハウス の検索結果

横河電機 アナライザハウスを受注 オマーンの建設プロジェクト

横河電機は、子会社の韓国横河電機が、オマーン国営石油精製・石油化学公社Oman Oil Refineries and Petroleum Industries Company(ORPIC)による、オマーンのリワ・プラスチック・インダストリアル・コンプレックス建設プロジェクト向けに、アナライザハウス15棟を受注したと発表した。 同プロジェクトは、ORPICがオマーン北部沿岸ソハールで進めている大型石油化学プロジェクトで、年間処理能力約80万トンのナフサ分解装置とユーテリティ設備の設計・調達・建設業務を請け負う、米Chicago Bridge&Iron Company N.V.と台湾CT…


横河電機 マレーシアの大型プロジェクト アナライザハウスを受注

横河電機の関係会社であるヨコガワ・コントロール・マレーシアは、マレーシアの大型石油精製・石油化学統合プロジェクトRAPIDの石油貯蔵施設向けプロセス分析システムのシステムインテグレータ(SI)業務と高度ソリューションを、EPCC(設計・調達・工事・試運転担当会社)として受注した。2018年8月までに工事を完了し、同年9月から試運転を開始、19年の操業開始を予定している。   RAPIDプロジェクトは、マレーシア国営ペトロナスが同国南部ジョホール州で進めている、同社最大のペンゲラン総合コンビナート(PIC)開発の一環で、世界有数の大型プロジェクトとなっている。日量30万バレルの精製能力をもつ製油…


横河電機 マレーシアでプロセス分析システムの生産専門会社開所式を開催

横河電機は、マレーシアに石油、石油化学などのプラントで使用されるプロセス分析システムの生産専門会社「ヨコガワ・アナリティカル・ソリューションズ」(資本金約5000万円、中村誠造会長、ダニエル・ゴー社長)を今年6月24日に設立したが、12月3日に開所式を行った。新会社設立により、プロセス分析システムビジネスのさらなる拡大を目指す。 ガス分析計、液分析計、およびサンプリング装置で構成されるプロセス分析システムは、アナライザハウスと呼ばれる専用の小屋に設置され、プロセス分析計システムのエンジニアリングには高度な専門知識やノウハウが必要となる。 これまでプロセス分析計システムに関する大型プロジェクトは…


ヨコガワ・ヨーロッパ・ソリューションズ ヤマルLNGプロジェクト向け制御/安全計装システムを受注

横河電機の子会社であるヨコガワ・ヨーロッパ・ソリューションズ(本社=オランダ)は、テクニップ・フランスと日揮のジョイントベンチャーであるヤムガズから、JSCヤマルLNGがロシア連邦ヤマル・ネネツ自治区サベタで進めているヤマルLNGプロジェクト向けに、制御システムと安全計装システムを受注した。 ヤマルLNGプロジェクトは、ロシアで最も大規模な資源開発プロジェクトの一つで、ロシアの大手ガス会社、ノバテクとフランスのトタルの合弁会社であるJSCヤマルLNGが進めるプロジェクト。合計で年産1650万トンの生産能力を持つ3系列のLNG製造設備を、ロシア北西部、北極圏にあるヤマル半島の東岸に建設し、16年…


サンワテクノス、タイでの事業拡大今期売上げ60%増目指す 米の石油化学プロジェクト向け横河制御システム受注

サンワテクノスは、タイでの事業拡大に向けて、人員の増員などで販売体制を強化し、タイでの今期売り上げ60%増を目指している。 同社はタイ・バンコクに現地法人「サンワテクノタイランド」を設立しているが、自動車関連をはじめとした日系企業の進出が増加しており、生産ライン用のシステム製品や制御盤製作などの受注が増えている。 このため、昨年暮れから子会社で制御機器の設計などを行うサンワテスコムの社員1人をこうした受注品への技術指導に対応するため駐在させるとともに、現地従業員も今年末までに20人体制にして、1年間で2倍強に増員する。 サンワテクノタイランドの2013年3月期の売り上げは約10億円(前期比23…