横河電機 マレーシアでプロセス分析システムの生産専門会社開所式を開催

横河電機は、マレーシアに石油、石油化学などのプラントで使用されるプロセス分析システムの生産専門会社「ヨコガワ・アナリティカル・ソリューションズ」(資本金約5000万円、中村誠造会長、ダニエル・ゴー社長)を今年6月24日に設立したが、12月3日に開所式を行った。新会社設立により、プロセス分析システムビジネスのさらなる拡大を目指す。

ガス分析計、液分析計、およびサンプリング装置で構成されるプロセス分析システムは、アナライザハウスと呼ばれる専用の小屋に設置され、プロセス分析計システムのエンジニアリングには高度な専門知識やノウハウが必要となる。

これまでプロセス分析計システムに関する大型プロジェクトは、米国とシンガポールにある同社の子会社が担ってきたが、新会社はこれらの拠点と連携し、グループにおける生産リソースの最適化を図る。これにより、プロセス分析システムビジネスの売上高を、2013年度150億円から20年200億円へ拡大を図る。

新会社は、品質の向上とコストダウンを図り、グループで、エンジニアリング、組み立てに関するノウハウを共有しており、材料の調達や雇用面でも現地に根ざした経営を行うことでマレーシアのさらなる発展に貢献していく方針。

新会社の従業員数は30人。敷地面積は約3800平方メートル。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG