アズビル の検索結果

アズビル、シンガポールのテクノロジー分野で活躍する女性100人にジャスワル氏が選出

アズビルの東南アジア戦略企画推進室長アンジュ・ジャスワル氏が、シンガポールのテクノロジー分野で活躍する女性100人(SG100WIT)に選出された。 今年度から公開が始まったSG100WITは、シンガポールコンピュータソサイエティ、情報通信メディア開発庁、メディアコープが共催するアワードで、シンガポールの技術分野に大きく貢献し、かつ後続のロールモデルとなる女性を表彰するもの。受賞者は、ビジネスのリーダーシップとビジョン、技術スキル、地域からの支持、業界への貢献度などの観点で、実業界、産業界、学会の有力者によって構成される委員会によって選ばれている。 ジャスワル氏は、シンガポールの多国籍企業や政…


アズビル 第2四半期決算、売上高1114億円 AAは通期を上方修正

アズビルの2021年3月期第2四半期連結決算は、売上高1114億1000万円(前年同期比6.1%減)、営業利益83億4600万円(同5.8%減)、経常利益83億1600万円(同7.7%減)、第2四半期純利益60億9800万円(同2.6%増)となった。 セグメント別売り上げは、アドバンスオートメーション(AA)417億5200万円(同6.9%減)、ビルディングオートメーション(BA)485億6700万円(同6.8%減)、ライフオートメーション(LA)217億1600万円(同2.7%減)、その他3300万円(同8.1%減)。 通期は、売上高2480億円(同4.4%減)、営業利益255億円(同6.4…


アズビル SICEから2学会賞受賞

アズビルは、計測自動制御学会(SICE)の2020年度の学会賞として、「技術賞」と「新製品開発賞」を受賞した。 技術賞は、「紫外線検知式火炎検出センサの感度波長調整技術の開発」で、熱処理によって結晶方位や異種原子の相互作用を制御し、金属の種類や結晶方位により固有の値の仕事関数の調整を行う技術を開発した。 新製品開発賞は、「流量計測制御機能付電動二方弁ACTIVAL」。 同製品は、空調機を流れる冷温水の流量を調節する空調用電動二方弁に、圧力計測による流量演算機能を搭載したことで、空調用電動二方弁の前後差圧が変動しても各空調機の冷温水量を適正に制御することができる。また、温度計測機能も搭載しており…


アズビル 記録作業アプリ、権限で不正行為防止など4つの新機能追加

アズビルは、手書きの記録作業を簡単にデジタル化できる「現場でつくる作業記録サービス」に新機能を追加し、10月28日から運用開始した。 同サービスは、パソコンでのドラッグ&ドロップの簡単な操作で、スマートフォンやタブレット端末向けの記録作業アプリが構築できる、サブスクリプション形式のクラウドサービス。工程内検査やラインの巡回点検、装置の修理記録、各種日報の申し送りなど、さまざまな業務のデジタル化が行え、効率化やデータを活用した改善などに役立てることができる。 今回追加した新機能は、必要な権限を必要な人に割り当てることで不正行為を防止する「作業グループ管理」「権限設定」。また、並行作業やスムーズな…


経産省 計量関係功労者表彰、アズビル宮沢氏が受賞

11月の「計量強調月間」に合わせ、計量制度の発展・運営等の尽力者を表彰する「計量関係功労者表彰」「計量制度運営貢献者表彰」が経済産業省から発表された。 計量関係功労者表彰は、宮沢敬冶氏(アズビル理事技術開発本部基幹技術開発部長センシングデバイス部長)ほか10人、計量制度運営貢献者表彰は辻典子氏(大林計器製造代表取締役社長)ほか15人が受賞した。


アズビル 安全衛生大会開く、労災ゼロへ意識向上

アズビルは、同社ビルシステムカンパニー東京本店安全衛生大会を10月16日、品川区立総合区民会館「きゅりあん」で開催した=写真。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場者を例年の2割程度に限定して行われた。 ビルシステムカンパニー東京本店長の沢田貴史氏は「医療機関や社会インフラ等の機能維持の側面からも計測・制御・オートメーションの価値の重要性が認識され、社会で果たす役割はますます大きくなる。今後も労働災害の防止や心身共に健康な、よりよい職場環境の実現に向けた取り組みを皆さんにもお願いしたい」とあいさつ。 安全表彰では、azbilグループ総括安全衛生管理者など、現場で優れた安全衛生活動に携わった…


アズビル 通信ゲートウェイ強化、制御デバイスの情報連携 プログラムレスで実現

アズビルは、製造装置に組み込まれる各種計測制御デバイスの情報連携を通信プログラムレスで実現する、計装ネットワークモジュール スマート・デバイス・ゲートウェイ「形NX-SVG」の機能強化バージョンを、12月10日から販売開始する。   工業炉用バーナのIoT化に貢献 近年、エンドユーザーでは装置メーカーに対する装置IoT実装要求が高まっているが、PLCにてデータ収集対象となる各社の機器に合わせた通信プログラムを開発する際の工数が膨大であることや、開発スキルを持つ人材が不足していることなどから、IoT化が進まない要因となっていた。 同社はこの「データ収集」が進まないという課題解決を目的に…


アズビル、オートメーション技術で地球環境改善

3ゾーンでソリューション提案 アズビルは、『人を中心としたオートメーションで持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献を!』をテーマに、計測展2020 OSAKAと併催される計測展オンラインプラスへ出展する。 ブースでは、オートメーション技術を生かした、事業による地球環境改善への貢献を礎に、3つのゾーンにてソリューションを紹介。 「製造現場イノベーション」ゾーンでは、ビッグデータやAIの活用などIoT技術による運転管理の飛躍的な向上、と同時により安定・安全なプラント操業の実現、長年培ってきた計測・制御・ネットワークの技術を用いたエッジコンピューティング領域における工場の装置IoT化や生産性改革を、「…


アズビル 人事異動

(2020年10月1日付) ▽兼 BSC(ビルシステムカンパニー)マーケティング本部マーケティング開発企画部長 BSC開発本部 開発企画部長 丸山満 ▽BSCマーケティング本部ワークプレースソリューション部長(BSCワークプレースソリューション部長)黒柳篤 ▽BSC国際本部 国際企画部長(BSCマーケティング本部国際マーケティング部長)森田暖 ▽兼 BSC東京本店 城北営業所長 BSC東京本店 城西営業所 長吉澤宏晃 ▽BSC横浜支店 営業1部長(BSC東京本店 城北営業所長)金髙信也 ▽サービス本部 東京サービス部 副部長 野沢朋成 ▽サービス本部 東京サービス部 副部長 関本剛


アズビル タイに展示・提案施設、大規模の調節弁整備にも対応

アズビルのタイ現地法人、アズビルタイランド(バンコク)は、タイ・ラヨーン県に「ソリューション&テクノロジーセンター」を開設した。 同センターのデモルームでは、同社の最新技術を実際の製品に触れながら体感でき、またアズビルグループで最大規模の調節弁整備施設も併設しており、自社・他社製を問わず年間1万台規模の整備が可能になっている。 さらに、広くアズビルのケイパビリティを訴求することで顧客開拓を進めながら、シンガポールのアズビルの東南アジア戦略企画推進室とも連携し、将来的には東南アジア全体へグローバルに事業を展開していく。 今後は、この施設を研究拠点としても活用し、大学をはじめとした教育機関・研究機…