日本の製造業が生き残るためのヒントになるか 日立が進めるSIアプローチ

目的地までの道と手段はひとつではない。先日からシーメンス、日立製作所という大手企業の産業・インダストリー部門のデジタル化戦略の発表があり、両社の強みや個性、こだわりが感じられてとても興味深かった。

シーメンスは、さすがは産業オートメーション・デジタル化の分野の世界最大手。フィールドの機器からソフトまで必要な要素はひと通り自社で揃えていて、かつ世界中にたくさんの顧客を抱え、それをフォローする販売網・サービス網が整備されている。この基盤を背景に、今いる顧客をさらにワンランクかそれ以上に引き上げる最先端のデジタルの仕組みであるSiemens Xcelaratorを開発し、それを提案していくアプローチで進めていく様子。どちらかというとメーカー色が強めの印象だ。

一方の日立製作所は、SIer・エンジニアリング会社的な立ち位置をとり、顧客の課題・要望から解決策を提案するアプローチを強化している。国内では生産ラインや工場を立ち上げる日立オートメーションがOTを担当し、IT領域は日立製作所がサポート。北米市場でも同様の枠組みで、2019年に買収した大手SIerでラインビルダーのJRオートメーションがOTを担当し、今回買収した製造業ITのSIerであるFLEXWARE innovationがIT領域をサポートし、北米の顧客のデジタル化を進めていくという。

両社の戦略を喩えてみると、シーメンスが空中戦を展開し、日立は地上戦を進めていくといったところか。いずれも顧客のデジタル化を成功させ、自社のビジネスも拡大するというゴールは同じだが、その戦略はまったく異なる。比較されることも多い両社も、ここまで違うと、同じ土俵、まな板に載せるのが正しいのかとも思ってしまう。

日本の製造業の強みは「現場力」と言われるが、日立が進めようとしているのもこの現場力、現場のエンジニア力を活かした形のデジタル化の推進。現場・現状・現物を見て、そこから最適なものを作り上げていくアプローチだ。一見すると泥臭く見えるが、先進技術と現場の両方を理解していなければできないもので、これからも世界の製造業で求められる貴重で重要な役割だ。

日立に限らず、日本にはこの領域に強みを持つ企業が多い。日立のこの取り組みは良い参考モデルであり、今後にも注目だ。

https://new.siemens.com/jp/ja.html

https://www.hitachi.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG