製造業を支える中小FA企業の火を絶やすな FA技術が日本の未来を切り拓く

この数カ月の間に、身近なところで2件のFA関連企業が経営危機に陥り、一社は廃業に追い込まれた。いずれも受注を伸ばしていたが、昨今の納期問題で部材が入って来ず、納品できないため顧客からの入金が途絶え、結果、資金繰りが悪化するというパターンに陥ったようだった。若くやる気があり、自動化やデジタルに関する知識も技術もある社長に率いられ、今後の成長が期待されていただけに残念でならない。

帝国データバンクによると、8/1時点での2020年からのコロナ禍による倒産件数は3813件だそうだ。飲食店や旅館ホテル、建設業、小売業等が多く、製造業は比較的少なめだが、実際には地場の中小FA関連企業を中心に綱渡り状態だという声が聞こえてくる。下請けとして、自動車や電子機器、半導体製造装置、工作機械など大手企業の製品への部品供給や、工場や生産ラインの保守・保全等を下支えしているのは、こうした地場の設備屋やシステムインテグレータ、商社といったFA関連企業だったりする。それが失われたらどうなるか。考えるだけで恐ろしくなる。

多様性の時代と言われるなかで、日本という国がこれからどんな産業や特長で生き残っていくのか。競争が激しく、決して強くないデジタル領域にあえて挑むのか、それとも、地力があり、現在も高い競争力を維持しているFAのようなリアルな製造業を伸ばしていくのか。答えは明白だ。FAやリアルな製造業は、世界規模で確実に需要があり、将来にわたって続いていく。しかもポッと出のライバルも出てきにくい産業でもある。その代わり、いったん技術や基盤が失われたら復活は難しい。

日本のFA・製造業は、地中深くまでしっかりとした根が張っていて、幹は太く、枝は広がり、さらに新たな芽や葉が次々に生まれている。パッと見では分かりにくいが成長を続けているのだ。新しくて派手なものに安易に飛びつくのではなく、これからの競争社会のなかで、日本が勝てる、伸ばすべき産業とは何かを真剣に考えよう。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG