産業オープンネット展盛況 3年振りにリアル開催

「産業オープンネット展 2022」が、8月2、3の両日、東京・錦糸町駅前のすみだ産業会館で開催され、約1000人が来場した。

今年で11回目となる同展は、20年、21年の2年間は新型コロナ感染症への対応からインターネット上で開催したが、今回は3年振りにリアル展示会として実施した。新型コロナ感染者数がなかなか減少しない中での開催となったが、1社が参加を取りやめたほかは、10団体と41の企業が予定通り出展し、展示デモやセミナーを実施した。

今年1月に開催したFAの展示会IIFESも、開催直前で新型コロナへの緊急対応からリアル出展の会社が大幅に減少したが、今回は久しぶりに展示とセミナーが予定通り開催できた。

昨今の部品不足などによる納期対応や製品開発が計画通り進まない状況もあり、展示内容にもその影響を反映。開発や発売の遅れを懸念する説明が多く聞かれた。

また、セミナーもコロナ対策から参加定員を絞ったこともあり、満員となるコースが多かった。

主催者では、同展を来年以降も開催を企画しており、東京のほか、名古屋か大阪の2カ所で実施したいとしている。

https://www.sangyo-open.net/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG