横河電機 プローブ形レーザガス分析計発売 酸素、一酸化炭素などの濃度を1台で測定

横河電機は、プローブ形レーザガス分析計「TDLS8200」の防爆仕様品を7月25日から発売した。価格は770万円から。2023年度180台の販売を計画(非防爆仕様品も含む)。

TDLS8200は、設置コストの低さ、 測定精度の安定性と高信頼性という特長を有し、酸素に加え、一酸化炭素またはメタンの濃度を1台で直接かつ高速に同時測定することができる。

測定方式は、一般的なサンプリング方式よりメ ンテナンス効率が良く、触媒を用いたセンサに比べて堅牢なレーザによる直接測定で、欠損のない安定した酸素と、一酸化炭素あるいはメタンの濃度同時測定を実現。

また、サンプリング装置のないプローブ形を採用することで、設置や交換が容易に行える。現在、測定可能な温度が600℃までと850℃までのタイプを販売しているが、今回防爆仕様を追加したことでより多くの場面で使用できるようになる。

防爆適合規格は、IECの防爆規格「IECEx」、米国、およびカナダの防爆規格「FM(US、Canada)」、欧州の防爆指令「ATEX」。今後も、他の地域や国の防爆規格の認証取得を進めていく。

同社のレーザガス分析計は、レーザ光を照射し、その吸光度を検知しガス濃度を測定する可変波長半導体レーザ分光(TDLS)と呼ばれる方式を採用している。ダクトに設置して直接かつ高速に測定するため、リアルタイム性に優れている上に、サンプリング装置が不要という特徴がある。また、光の吸収分 布図の面積からガス濃度を算出するスペクトル面積法を採用したことで、温度、圧力が変動 する環境下での測定や、複数種混在するガスやダストを多く含むガスの測定においても安定した濃度測定が可能。

https://www.yokogawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG