ハーティング、産業用ラズパイの新製品 高性能CPU、大容量メモリで大幅に性能向上【JIMTOF2022特集】

ハーティングは、最新の組み込み用Raspberry Pi Compute Module4を搭載した産業用ラズベリーパイ「MICA-R4」を発売した。

従来モデルに比べ、より高性能なプロセッサ、最大8GBのメモリ、新たにM.2スロットによる内蔵ワイヤレス機能やストレージ等の多様な拡張機能に対応した。

同製品は、産業用途で長期稼働が可能なラズベリーパイ搭載の小型コンピュータ。従来モデルでは画像や動画などの大容量データ処理、AI活用、高速通信等は難しかったが、新製品は、高性能コアCortex-A72プロセッサ採用のRaspberry Pi Compute Module4で処理能力が大幅に向上し、より高度な処理が求められるアプリケーションにも対応可能。

RAMは1GBから最大8GBまで選択でき、画像処理やAI解析などの演算も実行できる。通信は100Mbpsイーサネットに加え、ギガビットイーサネットにも対応。M.2スロットは多様な拡張モジュールに対応し、NVMeで大容量のデータ蓄積、WWANモジュールで内蔵ワイヤレス通信、AIモジュールで機械学習など、用途に応じた拡張機能を追加でき、エッジコンピュータ、コントローラ、センサ/ファイルサーバなど幅広いIoTアプリケーションに対応できる。

また筐体は堅牢なアルミダイカストハウジングとなり、高い放熱性、耐振動・耐衝撃、耐EMC、最大IP65の防塵防水性能など製造現場など厳しい環境に耐える堅牢性と安定性を備えている。

https://www.harting.com/JP/ja

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG