【FA製造業界2022トップインタビュー】持続可能な社会を支える 日東工業 黒野 透 取締役社長

2021年は、新型コロナウイルス感染拡大に対応する緊急事態宣言や蔓延防止等重点措置の断続的な適用により経済活動が大きく制限されるなど、厳しい状況で推移した1年となった。

しかしながら、1年の延期を経て開かれた東京オリンピック・パラリンピックでは多くの日本人アスリートが活躍したことや、米大リーグで大谷翔平選手が二刀流で活躍しMVPを受賞するなど、多くの明るい話題もあった。

さて、22年の当業界の景気動向については、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、行動制限の緩和などにより経済活動が正常化に向かうことが期待されるほか、企業の設備投資の増加が続くことや世界経済の回復基調が維持されることなどを背景に、景気は緩やかに回復していくと思われる。ただ、新型コロナウイルスの変異株による感染状況や原材料費の高騰および部材の調達難は下振れリスクとして懸念される。

このような状況のなか、当社は、ニューノーマル時代に対応する「プライベートボックス」を開発し、リモートワークやWeb会議など集中して作業ができる快適なプライベート空間を提供している。また、火花放電による電気火災を未然に防止する日本初の製品である「放電検出ユニット(スパーテクト)」の提供を通して、人々の安全な暮らしをサポートしている。さらに昨年、遠隔で充電制御することによりエネルギーマネジメントが可能なEV・PHEV普通充電器「Pit-2G」を発売した。業務車両の電動化などお客様のニーズに対応した製品の提供を通して、国内の充電インフラ充実に貢献していく。

当社は、7月1日より一部製品の価格を改定させていただくことを昨年発表させていただいた。これからも持続可能な社会の構築に貢献する製品を提供することで、皆様のお役に立てるよう全力を挙げて取り組んでいく。

https://www.nito.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG