【FA製造業界2022トップインタビュー】EVなど新たな電化に対応 内外電機 丹羽 一郎 代表取締役社長

2021年度は、売り上げは前年並で推移しているが、営業利益と純利益で厳しい状況が続いている。ブレーカーと継電器の一部機種で調達が困難となり、受注を制限した影響が大きかった。

稼働中の高圧受電設備(キュービクル)は全国で85万台あるとされ、更新が必要とされるものは20万台近くあると見込んでいる。21年はキュービクルのリニューアル案件に積極的に対応し、受注も増えている。社内にノウハウを蓄積できていて、今後に期待できる。メーカーとしても電気の安全な使用を守る責任と義務がある。「トレーボード」や「アジャストダクト」「ウイングキャビネット」「内器交換キット」などのリニューアルに適した作業効率に優れた製品を取り揃えており、設備更新の提案をさらに強化していく。

22年の見通しは明るい。電気自動車(EV)をはじめ、電気エネルギーへの依存は高まりつつあり、既存設備のリニューアル需要も増えつつある。機器の入手困難が懸念材料となっているが、それが解消されてくれば伸びが期待できる。すでに電気工事事業者様とともに需要の掘り起こし活動を進めている。

特にEVはこれから台数が飛躍的に伸びていくと予想され、それにともなって全国各地にEV充電器の設置が進むことからキュービクルの更新と増設案件が増えてくると見込んでいる。EV充電器はこれからの有望な市場であり、リニューアル案件への対応力をさらに強化し、最適な更新方法を提案するとともに、新規受注の獲得を目指す。

1920年に創業し、2020年には創業100周年を迎えた。次の100年に向けて、電気設備のトータルソリューションを提供し、お客様のベストパートナーとなれるよう努力したい。

http://naigai-e.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG