日揮、ENEOS NUCのポリエチレン生産能力増強プロジェクト受注

日揮は、ENEOSの100%出資によるポリエチレン製造・販売会社であるENEOS NUCが計画する超高圧および高圧電線の絶縁用途に使用される架橋絶縁用ポリエチレンの生産能力増強プロジェクトを受注した。

ENEOS NUC川崎工業所内に最新の製造設備を導入し、超高圧・高圧電線用架橋絶縁用ポリエチレンの生産能力を年産約3万トン 増強するプロジェクトで、同社は製造設備に係る設計・調達・建設工事(EPC)役務を担う。完成は2023年を予定している。

https://www.jgc.com/jp/

https://www.eneos-nuc.co.jp/

CALEXテクノロジー放射温度計

ロックウェルオートメーション

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る