Check !!

シュナイダーエレクトリック、三相UPSにライブスワップ機能搭載モデル追加

シュナイダーエレクトリックは、2020年11月に発売開始した三相UPS「Galaxy VS」について、UPS運転を行いながらパワーモジュールを交換できるライブスワップ機能を搭載したモデルを追加する。

ライブスワップ機能は、保守バイパス回路への電源切替やUPS停止を必要とせず、UPS運転を行いながらパワーモジュールの交換ができる機能で、重要な機器を停止させるリスクを最小化し、機器の信頼性を向上することができる。

9月から搭載モデルの受注を開始し、22年1月に容量増減が可能となるモデルの提供開始を予定している。
また同製品は、クラウドベースのITファシリティー監視プラットフォーム「EcoStruxure IT」にも対応し、「EcoStruxure IT Expert」によりクラウド経由でインフラ設備の稼働状況や環境情報、セキュリティ情報などのデータを収集し、監視や管理をリモートで行うことができ、少ない人員でもITインフラの運用・管理が可能となる。

さらに、ITインフラ設備を同社のエキスパートが24時間365日遠隔監視するサービス「EcoStruxure Asset Advisor」も提供し、現場にITの専門家がいない拠点にも対応できる。

https://www.se.com/jp/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG