入出庫・ 倉庫業務のスマートフォン利用が急拡大 インフュージョン、利用デバイスを調査

「倉庫での入出庫・倉庫業務でスマートフォンの利用が急拡大している」。

クラウド・SaaS在庫・倉庫管理システムを提供するインフュージョンの調査によって明らかになった。

同社のクラウド/SaaS在庫管理システム「在庫スイートクラウド」の利用ユーザー264拠点を対象に2020年8月と2021年8月のスマートフォンの利用率に関する調査を実施したところ、この1年間で在庫管理にスマートフォンを導入しているユーザーが28%から54%へと26ポイント増加。

同社によると、スマートフォンで不安視されていた「カメラの読み取り性能」の向上や、キャッシュレス決済の実体験から「スマートフォン」採用のハードルが下がったことが拡大の背景にあるとしている。

これまでハンディターミナルが主だったのが、少しずつスマートフォンの利用が増え、現在はハンディターミナルとスマートフォンが併用されている。今後スマートフォンの拡大が見込まれており、主役の時代になるのはそう遠くない日になりそうだ。

https://infusion.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る