入出庫・ 倉庫業務のスマートフォン利用が急拡大 インフュージョン、利用デバイスを調査

「倉庫での入出庫・倉庫業務でスマートフォンの利用が急拡大している」。

クラウド・SaaS在庫・倉庫管理システムを提供するインフュージョンの調査によって明らかになった。

同社のクラウド/SaaS在庫管理システム「在庫スイートクラウド」の利用ユーザー264拠点を対象に2020年8月と2021年8月のスマートフォンの利用率に関する調査を実施したところ、この1年間で在庫管理にスマートフォンを導入しているユーザーが28%から54%へと26ポイント増加。

同社によると、スマートフォンで不安視されていた「カメラの読み取り性能」の向上や、キャッシュレス決済の実体験から「スマートフォン」採用のハードルが下がったことが拡大の背景にあるとしている。

これまでハンディターミナルが主だったのが、少しずつスマートフォンの利用が増え、現在はハンディターミナルとスマートフォンが併用されている。今後スマートフォンの拡大が見込まれており、主役の時代になるのはそう遠くない日になりそうだ。

https://infusion.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG