ニッパツ、長野県駒ヶ根市の金属基板の生産能力を増強

ニッパツ(日本発条)は、EV・HEV化で需要が拡大するパワーモジュール向け金属基板について、その主力生産工場である長野県駒ヶ根工場の生産能力を増強する。第1期工事では10億円を投資し、生産能力30%アップを目指す。稼働開始は2022年7月を予定。来期以降には14億円の追加投資を計画している。

https://www.nhkspg.co.jp/news/release/pdfs/20210830.pdf

CALEXテクノロジー放射温度計

ロックウェルオートメーション

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る