ファナック、産業用ロボット生産台数75万台に到達

IFR(国際ロボット連盟)は、ファナックが累計で75万台の産業用ロボットの生産に到達したことを明らかにした。

同社は1974年にロボット第1号を開発して自社に導入し、1977年に「ROBOT-MODEL 1」の量産を開始して世界中に販売を開始。2015年に40万台、2017年に50万台ときて、2021年に75万台に到達した。

現在、ファナックは高度に自動化された日本の生産拠点で毎月約8000台の産業用ロボットを生産し、最大の月あたり生産能力は最大1万1000台。最大の顧客は自動車メーカーとそのサプライヤーで、電子機器や食品、製薬、医療など業界問わず幅広く使われている。

ファナックヨーロッパの社長兼最高経営責任者の丹沢真一氏は「ファナックのヨーロッパにおけるロボットの全体的な受注は、過去1年間でわずかに増加しただけだが、過去数か月の売上高は過去最高を記録している」とし、ヨーロッパで販売・サービスネットワークを拡大している。過去4年間だけでもヨーロッパ全土の新しい施設に1億2000万ユーロ以上を投資し、今後3年間でさらに1億ユーロを投資する予定となっている。

また丹沢氏は「ファナックロボットは、ロボット化のトレンドがさらに拡大し、ファナックが自社工場で行うように、顧客が製造工場を自動化し、コストを節約するのに役立つと確信している。これらの取り組みにおいて、お客様をサポ​​ートするために必要なすべてのことを行っていく」と話している。

https://www.fanuc.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG