横河電機 プローブ形レーザガス分析計発売 酸素と一酸化炭素を同時測定

プローブ形レーザガス分析計「TDLS8200

横河電機は、プローブ形レーザガス分析計「TDLS8200」を5月6日に発売する。価格は700万円。販売目標は2021年度150台、26年度までには年間700台計画。

新製品は従来製品(TDLS8100)の機能を強化したもので、設置コストの低さ、測定精度の安定性と高信頼性を継承しつつ、 酸素と一酸化炭素やメタンの濃度を 1台で直接かつ高速に同時測定することが可能 になっている。測定方式は、一般的なサンプリング方式よりメンテナンス効率が良く、触媒を用いたセンサに比べて堅牢なレーザによる直接測定で、欠損のない安定した酸 素・一酸化炭素濃度同時測定を実現。

また、設置が容易なプローブ形のため、サンプリング方式の測定で開けた穴をそのまま流用でき、大規模な工事をせずに置き換えが可能。 サンプリング装置を使用しないため、スペース面でも置き換えが簡単。

今回の発売製品は600℃までの高温に耐えられる仕様になっており、ボイ ラー、排気筒などのアプリケーションでの使用でき、今年中は850℃まで測定できるタイプの発売を予定している。

https://www.yokogawa.com/jp-ymi/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG