Check !!

安川電機 小型塗装ロボット発売 手首軸を強化し動作領域拡大

安川電機は、小型塗装ロボット「MOTOMAN-MPX1400」 (可搬質量5㎏、最大リーチ1256㎜) を4月5日から販売を開始した。価格はオープン。

新製品は、家電製品や自動車のヘッドランプといった樹脂成形部品など、様々な小型製品の塗装に最適。従来シリーズ(MOTOMAN-EPX1250)に比べ手首軸を強化したことで、重量のある塗装ガンを搭載できるようになるとともに、複数色での塗装が可能な多連スプレー塗装ガンや塗料の微粒子化ができる小型ベルガンなど塗装ガンの選択肢が広がり、多様化するニーズに対応。

また、壁掛設置時のロボット旋回軸動作領域拡大したことで、狭いエリア内でもロボット待機姿勢がとりやすく、設備の省スペース化に貢献する。同時に、メンテナンス作業も姿勢自由度の高くなり作業効率性が向上する。 

さらに、従来機種の軸配置、リーチ長などを踏襲することで、現行設備を有効活用したロボット更新ができ、生産ラインのコンパクト化や投資コストを削減できる。

https://www.yaskawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG