コグネックス 3次元画像検査システム、最短10分 簡単に設定&設置

コグネックス(東京都文京区)は、2次元画像処理のように誰でも簡単に設置して使うことができる3次元画像検査システム「In-Sight 3D-L4000」を2月1日から発売した。

同製品は、3次元レーザー変位センサを組み込んだコントローラ一体型のスマートカメラで、これまで煩雑で難しいとされていた3次元画像検査を簡単に使えるようにし、生産ラインでの外観検査や数量検査等を迅速で正確、コストパフォーマンス良く実行できる。

「誰でも使える」特長として、設定がとてもシンプル。プログラミング言語がいらず、グラフィカルなUIと使い慣れたスプレッドシートで設定ができ、画像処理の専門家でない、製造現場の人でも簡単に使うことができる。また、通常の3次元画像検査ではカメラとは別にコントローラが必要だが、同製品はコントローラ一体型なのでラインの上部にカメラを取り付けるだけ。設置場所や配線を気にせずに設置できる。これまでは設置から使いはじめまで1・2時間かかっていたところを、同製品では10分程度で使い出すことができる。

さらに、画像検査装置は設置精度が甘かったり、使っているうちにカメラ位置が変わると認識精度が悪くなるが、同製品は傾いても画像がゆがまない上、キャリブレーションも専用治具を流して認識するだけで補正が可能。常に正確な計測を実現している。またスペックルフリーの青色レーザーでノイズ影響も最小化している。

自動車やエレクトロニクス、食品、日用品など多様な業界で利用でき、EV用バッテリ外観検査やICチップがトレーに正確に載っているかどうかのキャリア検査、食品ではドーナツの数量と体積を認識してバラツキをチェックする品質検査等に使われている。

In-Sight 3D-L4000

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG