NO IMAGE

【各社トップが語る2021】国際電業「『ヒト』『モノ』を強化」古川長武 代表取締役社長

国際電業 古川長武 代表取締役社長

 

2020年度は3カ年計画の最終年度であったが、新型コロナウイルスの影響が大きく、3カ年計画を中断して、4月に緊急単年度計画を策定した。予想以上に売り上げが減少し、21年3月期は前年度比15%ぐらい減収になりそうだ。21年度も予想がつかないため、緊急単年度計画とする。部門別では、ACソレノイド・電磁機器が、前年度比約8%減、プラズマ切断機が同約30%減、フットスイッチが同約10%減になる見込みで、設備投資の減少などの影響を受けている。

これらの状況を打開するための前向きな取り組みとして、昨年10月中国・上海市で開かれた「中国国際医療機器設計・製造展 上海」に出展した。コロナの影響でニーズが高まっているフットスイッチ方式のアルコール消毒液用噴霧器や、2連フットスイッチのデモ機などを展示、現地スタッフが動画を送り、展示会の様子が当社のHPでリアルに動画配信されるリモート方式を採用した。

アルコール消毒用フットスイッチは、国内でも愛知県、名古屋市の学校、役所などに、社会貢献活動として寄贈し、コロナ対策に活用されて喜ばれている。21年の景気は、回復するという見方が多いようだが、私はそれほど良くならないと思う。コロナ、米中関係など依然不透明な要素が多いが、こうした中でもしっかり前を向いて、面白い年にしていきたい。社内のシステムネットワークを強化し、コロナで人同士の接点が少なくなり、新規顧客開拓が困難になっているので、営業のやり方も変えていく必要がある。

新商品としては、医療機器、工作機械関連、切断機、環境関連などの研究開発に注力し、競合メーカーより先に商品化しようと考えている。

こうして「ヒト」と「モノ」を強化し、景気の先行きが予測不可能な中でも、21年度は売り上げをアップさせる予定だ。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG