【各社トップが語る2021】壬生電機製作所「新たな価値への挑戦」古野修 代表取締役社長

壬生電機製作所 古野修 代表取締役社長

 

市場全体がマイナス傾向の中、2020年8月期の売り上げは前年度比約10%減程度で納まり一昨年度と近い売り上げだった。新年度開始の昨年9月以降は回復を見せており、前年度と同等の売り上げで推移している。今年度は、売り上げ現状維持、利益増額で計画している。

社会変化や日本政府の取り組みは、中小企業にとって淘汰されるリスクが高まっていると予測される。当社が心がける「新しい可能性の模索」から生み出される新たな価値ある製品や技術への挑戦は、生き残るための基本であると考えている。国内にとどまらず、海外に向けて取り組んでいる。

海外での挑戦は、中国市場への電気配線用プリンタ「MP-60N」の展開が次のステップに入った。内需拡大と人件費高騰の中、省人化へのニーズに応えるこの独自製品を事務機器ではなくアフターサービスが付随する装置として販売する。ジェトロのハンズオン支援を受け、現地でのマーケティング活動をより戦略的に行っていこうとしている。支援・協力体制やサービス体制の枠組みも整いつつあり、これからが勝負である。2年後には日本でのプリンタ関連売り上げの3倍にするつもりである。

国内での挑戦は、防災や安全に関するニーズへの取り組みだ。電気設備老朽化や熟練工減少による装置操作ミスからの火災リスクが高まる中、当社の素材V0で難燃性があるLED照明の評判があがってきている。端子台と一体設計されたスリムでコンパクトなこの製品は、電気設備の現状課題に応える一つになってきた。今後もさらにニーズを掘り起こし、製品づくりに挑んでいく。

20年11月に当社は70周年を迎えた。社会変化が大きい一年だったが、当社の模索と挑戦の姿勢がフィットした時代を迎えたと言える。今後はよりビジネスチャンスを作り出すべく、挑戦を続けていく。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る