東芝インフラシステムズ 検針メーター読取支援、AI活用し数値化 iPhone版提供開始

2020年7月29日

東芝インフラシステムズは、AIでメーターの検針値を読み取り、設備点検・検針業務を軽減し、作業ミスや人手不足の解消に貢献する「メーター読取支援サービス」のiPhone版を、7月20日から提供開始した。

同社はすでに、帳票類等の電子化、作業項目・計画・手順のデータ化、データ入力の簡素化や自動化、入力データのタイムリーな報告などができる、設備点検支援クラウドサービス「Sharepo(シェアレポ)」のオプションとして、タブレット端末のカメラでメーターを撮影するとAIが自動に数値を読み取り、数値とメーターの写真を同時に検針帳票へ記録するサービスを提供しているが、今回、新たにiPhoneにも対応するサービスを開始した。

さらに新機能として、ユーザーの声を元に「タイマー機能」「傾き補正機能」「メーターの自動枠検知機能」を実装しており、片手での作業や手の届かない高い場所でもメーターの数値が読み取りやすくなっている。

メーターを撮影後、数値を確認・登録で帳票に自動入力される