Check !!

横河計測 AQ2200用センサーモジュール、測定100μ秒 2モデル発売

横河計測は、同社の光通信関連機器用のマルチアプリケーションテストシステムAQ2200シリーズに、センサモジュール「AQ2200-212」と、デュアルセンサモジュール「AQ2200-222」の2モデルを新たにラインアップ、7月14日から発売した。

AQ2200シリーズは、光伝送装置や光デバイスの開発・生産時に、光の特性評価に必要となる光スイッチ、光可変減衰器、光パワーメータなどの機能をプラグインモジュールにして各種用意。モジュールを自由に組み合わせて測定アプリケーションを構築でき、交換や増設によって新しい測定システムを構築することができる。

新製品は、光通信ネットワークに必要な半導体レーザーや光トランシーバなど、光部品の生産ラインにおける試験・検査システムに最適な光センサで、高速光パワーメータを1台、または2台搭載した2モデルをラインアップ。

測定時間を最小100μ秒に短縮し、試験・検査時間の短縮が可能となる。AQ2200-212は、受光パワーをアナログ電気信号で出力する機能を搭載しており、パワーの変動を高速でモニターできる。

光通信に使用されている波長帯を1台でカバーし、プラス 15dBmの高出力光まで測定が可能なため、近年、高出力化している半導体レーザーや光トランシーバの測定ニーズにも対応。

AQ2200−212(左)とAQ2200−222

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG