ラピスセミコンダクタ Bluetooth5に適合、無線モジュールを開発

2020年7月15日

ロームグループのラピスセミコンダクタは、Bluetooth5対応のBluetooth low energy無線通信モジュール「MK71511」「MK71521」を開発、これら2製品と評価キットのインターネット販売を開始した。

新製品は、Bluetooth5規格の特長である2Mbpsの高速伝送と、通知データの容量増加に対応しており、Bluetooth4規格と比べてデータ通信時間を半減でき、最大8倍の通知データを扱うことができる。

さらに、MK71511は長距離伝送機能を搭載し、通信距離がBluetooth4規格対応製品の4倍に拡大。方向検知機能も搭載しており、屋内位置情報サービスに適用することもできる。

MK71521は、プログラム格納用に512KBの大容量フラッシュメモリを搭載しているため、Bluetooth5を活用したメッシュネットワークの構築や、センサなどを搭載する幅広いアプリケーションに対応が可能。

評価キットは、PCに接続するだけで簡単に評価が行える小型簡易タイプの「MK715x1評価キットMini」とArduinoピン互換タイプの「MK715x1評価キット」を提供。

MK71511/MK71521