経産省 2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」発表、世界で成功収める日本の優良113社

経済産業省は「2020年版グローバルニッチトップ企業100選」を発表した。選ばれたのは、世界市場のニッチトップ分野を勝ち抜いている企業やサプライチェーンの重要性を増している部素材の事業を持つ優良企業113社。日本の製造業の底力を体現している企業群となる。

グローバルニッチトップ企業の選出は、2013年に続いて7年ぶり。20年1月から2月に応募があった249社から113社を選び抜いた。

グローバルニッチトップ企業の定義は「大企業は、製品サービス市場の規模が100から1000億円で、3年間のうち1年でも20%以上のシェアを確保したことがある企業。中小企業は、同上で過去3年のうち1年でも10%以上のシェアを確保したことがある企業」となっている。

選定結果の分析では、選ばれた企業は、平均で世界シェア43.4%、営業利益率12.7%、海外売上比率45%という優秀な企業群。各社の提供している製品・サービスは、現在の市場から約2.21倍の成長率となった。

選定企業がこれから取るべき戦略については、「コア技術を活した他分野への進出」(69.0%)、「新規顧客との取引拡大」(54.9%)の回答が多かった。また「コア技術を増やし他分野へ進出」(45.1%)という研究開発志向型の企業や、「他分野への安易な進出を避ける」(28.3%)といった集中志向型の企業も定数存在している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG