パナソニックモバイル 頑丈タブレット、耐衝撃に低温下でも稼働

2020年7月15日

パナソニックモバイルコミュニケーションズは、頑丈タブレット「TOUGHBOOK(タフブック)FZ-A3」を、国内法人向けに7月15日から順次発売する。

新製品は、過酷な現場での使用に備えて頑丈性を強化しており、耐落下150センチメートル、防塵・防滴でIP65準拠、冷凍・冷蔵倉庫などの低温環境下でも使用できるようマイナス20~プラス50℃で動作が可能。現場で簡単に交換できるバッテリーを搭載しており、約9時間駆動の標準バッテリーと、約15.5時間の長時間駆動が可能な大容量バッテリーを用意。

また、使用するシーンに合わせて、ノーマルモード/手袋操作/スタイラスペン/水滴誤動作防止のタッチ操作モードを選択でき、手袋装着時でも雨に濡れてもタッチ操作が可能。NFCを標準搭載しているためユーザー認証が簡単に行え、バーコードリーダーやUSB2.0Type-Aポート(増設用)、スマートカードリーダーなどのオプションを本体に内蔵することができる。

表示は、大画面・高解像度の10.1型WUXGA(1920×1200ドット)、高輝度液晶搭載。

TOUGHBOOK FZ-A3