パナソニックモバイル 頑丈タブレット、耐衝撃に低温下でも稼働

パナソニックモバイルコミュニケーションズは、頑丈タブレット「TOUGHBOOK(タフブック)FZ-A3」を、国内法人向けに7月15日から順次発売する。

新製品は、過酷な現場での使用に備えて頑丈性を強化しており、耐落下150センチメートル、防塵・防滴でIP65準拠、冷凍・冷蔵倉庫などの低温環境下でも使用できるようマイナス20~プラス50℃で動作が可能。現場で簡単に交換できるバッテリーを搭載しており、約9時間駆動の標準バッテリーと、約15.5時間の長時間駆動が可能な大容量バッテリーを用意。

また、使用するシーンに合わせて、ノーマルモード/手袋操作/スタイラスペン/水滴誤動作防止のタッチ操作モードを選択でき、手袋装着時でも雨に濡れてもタッチ操作が可能。NFCを標準搭載しているためユーザー認証が簡単に行え、バーコードリーダーやUSB2.0Type-Aポート(増設用)、スマートカードリーダーなどのオプションを本体に内蔵することができる。

表示は、大画面・高解像度の10.1型WUXGA(1920×1200ドット)、高輝度液晶搭載。

TOUGHBOOK FZ-A3

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG