太陽誘電 無線通信モジュール 、Bluetooth5.2対応 屋内施設で位置情報把握

2020年5月20日

太陽誘電は、Bluetoothの最新コア仕様バージョン5.2に対応する無線通信モジュール「EYSNCNZWW」(9.6×12.9×2.0mm)と「EYSNSNZWW」(3.25×8.55×1.00mm)を商品化する。

Bluetooth5.2は、従来の低消費電力の特長はそのまま、通信速度の向上や通信範囲の拡大、そして高度な方向探知機能などが追加されている。

新製品は、この方向探知機能に対応した無線通信モジュールで、GPSでは難しい倉庫やオフィスなどの屋内施設で、人やモノなどの正確な位置情報の把握ができ、所在管理や通過確認などが可能となる。ウエアラブル端末やヘルスケア機器、物流端末などの小型・薄型化が求められるIoT関連機器に適している。

同社サンプル価格は1個3000円。

無線通信モジュール「EYSNCNZWW」