DMG森精機「デジタル立ち会い」オンラインで出荷前検査

DMG森精機は、オンライン会議システムを活用した「工作機械のデジタル立ち会い」を4月23日から開始した。

同社では工作機械の出荷前に、機械の外観や加工精度、加工物、システム動作など、現物をユーザーに確認してもらう「立ち会い」を実施しているが、今回の新型コロナウイルス感染防止対策に伴う移動制限などにより、同実施が難しい状況となっていることから、デジタル立ち会いを開始。

同社工場とユーザーをオンライン会議システムでつなぎ、出荷前の工作機械やシステムに取り付けた複数のカメラ映像をリアルタイムで確認してもらい、遠隔での立ち会いを行う。ライブ接続のため、質問やチェックポイントなど詳細な内容もその場でやりとり可能。専用の回線を使用し、セキュリティ面の対策も実施している。

感染防止対策の緩和後も、海外を含む遠方のユーザーやスケジュール調整が困難なユーザー向けに、デジタル立ち会いを提案していく予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG