日本モレックス 基板対基板用コネクター「フルアーマータイプ」発表

2020年5月13日

日本モレックス(神奈川県大和市)は、金属製カバーによる嵌合ガイド機能を備えた、0.35ミリメートルピッチSlimStack基板対基板用コネクタ「フルアーマータイプ」を発表した。

新製品は、極数54極、嵌合高さ0.80ミリメートル、嵌合幅2.20ミリメートルと低背・小型の省スペース設計で、最大5.0Aの電流に対応する基板対基板用コネクタ。スマートフォンやパソコン、IoTおよびスマートホームデバイス、AR/VRデバイス、5Gデバイス等や患者モニタリング、外科治療などの医療機器、無人機などの用途に適している。

レセプタクル(207471)とプラグ(207472)で構成され、金属製カバーのアーマーネイルを装備。頑丈な嵌合ガイドとしての役割のほか、電源供給用の接続端子としての機能も持ち、接点が2カ所あるデュアルコンタクト設計で、ねじりに強く、高い接触信頼性を有する。基板実装時にはフィッティングネール(基板実装面)として機能することで、強固な基板保持力を実現する。

「フルアーマータイプ」レセプタクル(左)とプラグ