シュマルツ 凹凸・スルーホールに対応のグリッパー「SCGS」、ESD対策 高吸い込み量

シュマルツは、実装基板など凹凸やスルーホールがあるワークの搬送に最適なコンポジットグリッパーに、小型・導電性タイプでESD(静電気放電)対策を実現する「SCGS」をラインアップした。

新製品は、グリッパー本体が導電性のため、ESD対策が必要となる半導体製造工程に適した高吸込み量のグリッパー。吸着面にESD対策とされる電気抵抗値(105Ω~109Ω)に準拠したパッドを組み合わせて、静電気放電破壊による部品や基板の破損を予防する。

高い吸込み量のため、凹凸やスルーホールのあるワークも安定した搬送ができ、吸込みは低い真空圧で行うため、ワークへの負担が少ない。小型で複数のグリッパーを余白なく並べられるデザインのため、複数ワークの一括搬送も可能。

アクセサリとしてPOM製の多孔プレートも用意され、フレキシブル基板など薄いワークの引き込み・変形を防いだ搬送も行える。

実装基板の搬送に適した導電性グリッパー

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG