マスク増産5000万枚超へ 生産設備導入支援補助金、採択先決まる。シャープら11件

2020年3月16日

新型コロナウィルスでマスクの品不足が問題化し、早期の生産・流通が望まれるなか、経済産業省が対策として打ち出した「マスク生産設備導入支援事業費補助金」について、興和やシャープなど11件の交付先が決まった。

各社は生産ラインの新設・増設、製造装置や検品の自動化などで生産能力の増強を行い、導入後1カ月の生産量は11件で5430万7500枚となる見込み。マスク不足解消に一定の筋道が見えてきた。

マスク生産設備増強を行うメーカー

興和株式会社

導入後1カ月の生産量 1200万枚
(生産能力2700万枚 月産24時間稼働)
最先端高速製造装置の設置と、包装工程及び場内搬送の一貫設備を導入したラインを新設。
▽興和株式会社ホームページ

株式会社Xins

導入後1カ月の生産量 225万枚
(生産能力280万枚 月産24時間稼働)
マスク(最終製品)及び耳ひもの製造装置を設置し増産ライン拡大。 225万枚

ハタ工業株式会社

導入後1カ月の生産量 35万枚
(生産能力90万枚 24時間稼働)
マスク用アジャスターゴムの素材加工及び編立。検品作業を高速カメラ検品装置による納期の短縮。

アレグロニット工業(株)

導入後1カ月の生産量 7500枚
(生産能力9000枚 24時間稼働)
「糸」を使った無縫製ニットマスクの増産設備を導入(繰り返し使用可能)

シャープ(株)

導入後1カ月の生産量 450万枚
(生産能力600万枚 24時間稼働)
※鴻海精密工業、シャープマーケティングジャパン(株)、(株)SHARP COCORO LIFEのコンソーシアム
鴻海精密工業からマスク製造に関する技術協力を得て、日本国内でマスクの製造設備を2ライン設置し、不織布マスクを製造

(株)白鳩

導入後1カ月の生産量 239万枚
(生産能力448万枚 24時間稼働)
不織布マスク画像検査装置の導入で、より高い品質の確保と人員削減等安定した増産体制を構築

北陸ウェブ(株)

導入後1カ月の生産量 900万枚
(生産能力1020万枚 24時間稼働)
高速なカメラ検品と同時梱包により、少人数による耳ゴムの検品作業の実現と納期が短縮

(株)マルシン

導入後1カ月の生産量 864万枚
(生産能力864万枚)
※(株)ゼロ・インフィニティとの連携
ゼロ・インフィニティと連携しマスクの生産設備を設置し、医療用・家庭用・産業用のマスクを生産

明星産商(株)

導入後1カ月の生産量 1500万枚
(生産能力2400万枚 24時間稼働)
マスクの休眠生産設備の改修で増産体制を構築

(株)meteco

導入後1カ月の生産量 12万枚
(生産能力13万枚 24時間稼働)
ウレタンマスクの生産設備の増強により、生産量が増加(繰り返し使用可能)

(株)ロキテクノ

導入後1カ月の生産量 5万枚以上
(生産能力300万枚 24時間稼働)
※三井化学(株)、ナカンテクノ(株)、(株)トロイカジャパンとのコンソーシアム
部材から生産機械、流通等の企業が連携し、安定した供給を目指しマスクの生産設備を設置
導入後は、連携による相乗効果を最大限生かしマスクを生産

参考:経済産業省、令和元年度マスク生産設備導入支援事業費補助金に係る補助事業者の採択結果について