三菱ケミカル 4月に本部設置し事業集約、半導体関連事業強化へ

2020年3月18日

三菱ケミカルは、半導体関連事業の強化を目的に、4月1日付で情電・ディスプレイ部門に半導体本部を設置し、関連事業を集約する。また、グローバルなバーチャル組織として「MC Chemical Solution for Semiconductor」を立ち上げ、「MCSS」の統一ブランドを用いて事業を展開し、世界各国・地域の顧客に対して、半導体関連のソリューションをワンストップで提供する体制を構築するとしている。

昨今のAIやIoT導入の広がり、自動車産業におけるCASEの潮流に伴い、半導体市場は大きく成長を遂げており、今後もますますの伸長が見込まれている。

同社はこれまで、情電・ディスプレイ部門内の各事業部や高機能化学部門において、半導体製造に関連する事業を行っていたが、今後は新設する半導体本部に集約し、事業基盤の強化とともに業界内での存在感の向上を図るとしている。