NECとシーメンス IoTで協業、自動でデータ収集・分析 熟練者ノウハウ可視化

NECとシーメンスは、IoT領域で協業し、シーメンスのIoT基盤「MindSphere」と、NECのAI技術「インバリアント分析技術」を組み合わせた監視・分析ソリューションを3月9日から提供開始した。

工場のシステムや製造ラインなどから収集したデータを活用するには、データ収集から分析までの流れをシステム化する必要があり、ユーザー独自でシステム構築は困難であることが多い。また、製造業では工場ごとや属人的なノウハウをもとに工程が進められることが多く、熟練者の退職や人手不足によるノウハウ継承の断絶が課題となっている。

今回提供開始した監視・分析ソリューションは、シーメンスのMindSphereで現場のセンサデータを収集・蓄積し、NECのインバリアント分析技術で監視・分析まで自動で行うことが可能。データ収集から分析まで、ユーザーのニーズに応じたカスタマイズを含めてトータルで提供することができる。インバリアント分析技術は、多数のセンサから収集したデータをもとに自動的に学習しモデル化することで、熟練者のノウハウも可視化することができ、このモデルを利用し監視することで、異常予兆を検知することも可能。

まずは製造業向けにクラウドソリューションとして提供を開始し、工場のシステムや製造ライン、プラントなどの設備やそれらの設備を用いて生産される製品への適用を行っていくとしている。

監視・分析画面のイメージ

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG