NECとシーメンス IoTで協業、自動でデータ収集・分析 熟練者ノウハウ可視化

2020年3月18日

NECとシーメンスは、IoT領域で協業し、シーメンスのIoT基盤「MindSphere」と、NECのAI技術「インバリアント分析技術」を組み合わせた監視・分析ソリューションを3月9日から提供開始した。

工場のシステムや製造ラインなどから収集したデータを活用するには、データ収集から分析までの流れをシステム化する必要があり、ユーザー独自でシステム構築は困難であることが多い。また、製造業では工場ごとや属人的なノウハウをもとに工程が進められることが多く、熟練者の退職や人手不足によるノウハウ継承の断絶が課題となっている。

今回提供開始した監視・分析ソリューションは、シーメンスのMindSphereで現場のセンサデータを収集・蓄積し、NECのインバリアント分析技術で監視・分析まで自動で行うことが可能。データ収集から分析まで、ユーザーのニーズに応じたカスタマイズを含めてトータルで提供することができる。インバリアント分析技術は、多数のセンサから収集したデータをもとに自動的に学習しモデル化することで、熟練者のノウハウも可視化することができ、このモデルを利用し監視することで、異常予兆を検知することも可能。

まずは製造業向けにクラウドソリューションとして提供を開始し、工場のシステムや製造ライン、プラントなどの設備やそれらの設備を用いて生産される製品への適用を行っていくとしている。

監視・分析画面のイメージ