IoTやるならPLC入れろ

「工場のIoT化をしたかったら、まず機械を入れろ。PLCが付いた設備が入るだけで目的の95%は達成している。機械化できていないのにビッグデータとか夢物語は言うな」。

ある自動車メーカーで生産技術として働いていた人がTwitterでつぶやいた一言だが、なぜか妙に心に刺さった。

 

弊紙も含め、工場の自動化やオートメーション、スマートファクトリーやIoT、ロボットに対する考察や記事が世にあふれている。しかしそのほとんどが、PLCはすでに工場や機械に入っている、使われていることを前提に論理を展開している。

しかし、あらためて考えてみると、PLCは100%普及しているのだろうか? PLCは1960年代後半に初めて開発され、製品化されてから50年以上がたつ。制御の主要技術がリレーからPLCに置き換わり、すでに広く使われているが、一方でPLC制御までは必要ない、リレーで十分という工程はたくさんあった。そうした場面ではPLCは入っていない。

いまPLCに求められている役割は「制御」だけではない。高精度な制御に向けて情報を集めて、処理し、制御指示を出すものとしての「制御+情報」の中核。かつてとは役割が異なっており、その意味では普及はまだまだだ。

 

工場内の作業工程はもともと手作業にはじまり、ツールを使った半自動、人が機械を操作する自動化へと進んできた。今はPLCを使った自動制御による自動化の真っただ中。その次にIoTやAIなど知能がついた自動化が来て、最終的に機械や装置が自分で判断して動く自律化へと至る。

これは段階を踏んで進化していくものであり、現場現状現物を見れば、「IoTの前にやるべきことがある。PLCを入れよう」というくだんの主張は正しい。

PLCは工場、製造現場の頭脳。IoTやAI、ロボットなど次のステップに進むためにも、「制御+情報」の土台を作るためにもまずはPLCの導入。あらためて、これを声高に訴えていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG