ETG ギガビット通信追加、マシンビジョンなどで活用も

EtherCAT Technology Group(ETG)の技術委員会は、EtherCATの新たな通信規格に「EtherCAT G」を追加することを承認した。これにより、EtherCATの通信は、従来の100Mb/sに加え、1および、10Gb/sに拡張されることになる。

EtherCAT Gは、デバイスあたりで大容量のプロセスデータを送信する必要があるアプリケーションに適しており、マシンビジョンやハイエンド計測技術、従来のドライブ制御をはるかに超えるような複雑なモーションアプリケーションなどで、EtherCATの適用範囲を拡大することが期待されている。

また、EtherCAT技術の拡張として完全に互換性を確保しており、100Mb/s用に設計された既存デバイスはシームレスにEtherCAT Gシステムに統合して動作する。

今後、展示会などで披露するとともに、2020年以降製品化に向けて取り組んでいく予定。

EtherCAT Gは、18年にベッコフオートメーションによって発表され、ETG技術委員会で審議していた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG