ブラザー工業 ノンストップ加工を実現、コンパクトマシニングセンタ

高速2面パレットチェンジャーQTテーブル搭載

ブラザー工業は、独自の高速2面パレットチェンジャーを搭載したコンパクトマシニングセンタSPEEDIO(スピーディオ)「R450X2」と「R650X2」を6月17日から発売する。

新製品は、同社独自のターンテーブル方式の高速2面パレットチェンジャーQTテーブルを搭載しており、片面パレットで加工しながら、もう一方のパレットで加工部品の交換が行えるノンストップ加工を実現する。2面パレットのため、2台の機械に工程が分割されている作業も1台に集約することができる。

主軸に低慣性モーターを採用したことで、主軸の起動/停止にかかる時間を削減し、さらに、工具交換動作の最適化、早送りや切削動作のつなぎ部分で発生する速度低下を抑えている。これにより工具交換時間を削減し、部品1個あたりの加工時間を従来比約3%向上させた。

また、サイクロンフィルター付きクリーン槽内蔵タンク(オプション)の設置で、あらかじめ細かな切粉を分離除去することにより、フィルターやポンプの寿命を向上させることが可能。工具交換時には、主軸に工具が装着されているかを監視して工具の脱落を防止する機能や、加工中にも工具の脱落や破損を監視できるようにし、加工不良の発生を防止する機能も追加している。

標準価格は、R450X2が840万円、大型治具に対応可能で40本ツールマガジン搭載のR650X2は1048万円。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る