IFR発表 18年の英国のロボット販売台数3%減、自動化競争で後退

国際ロボット連盟(IFR)は、2018年の英国の産業用ロボットの設置台数は2306台で3%減と発表した。ただし、17年の英国のロボット販売台数は前年比31%増、欧州連合の最近の販売台数も12%増加と依然としてプラス傾向であり、英国の後退が明確となる結果となった。
 
製造業における産業用ロボット導入の進展具合となる、地域別のロボット密度は、欧州が従業員1万人あたりロボット106台となり、世界で最も高い水準となっている。欧州では3位にドイツ、5位にスウェーデン、6位にデンマーク、9位にベルギー、10位にイタリアがトップ10入りしているが、英国は22位に留まり、ロボット密度は世界平均と同一台数の85台となった。

製造業の従業員1万人あたりの地域別産業用ロボット密度

British Automation & Robotics Association(BARA)のマイク・ウィルソン会長は「英国は、自動車以外の製造部門でロボットによる自動化の導入割合が低く、企業は設備への投資よりも雇用を優先し他国の労働者を集めてきた。ブレクジットをめぐる国民投票の結果とその後の政治動向により、東ヨーロッパ出身の労働者の多くが帰国を始めているため、労働力が減少している。企業は労働力を効果的に使ったり、人員が不足している場合は、その代替案を見つけなければならず、ロボットによる自動化が解決策となるのは明白」と述べている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG