【寄稿】スマートファクトリーにデジタルな処方的メンテナンスが必要な理由

2019年1月24日

「スマートファクトリー」、つまり「未来の工場」では、めまぐるしく変化する破壊的なテクノロジー が製造プロセスに持ち込まれており、それによって、オペレーションおよび変革についてのメーカーの考えかたを変えようとしています。製造部門がデジタル面での大規模な移行および変化の時代の先導役を担うようになると、企業は、製造能力の維持および可用性を担保するために、より多くの課題に直面することとなります。

スマートファクトリーにはスマートなメンテナンスが不可欠

あらゆる製造システムでは、メンテナンスが重要なコンポーネントであり、製造組織が成功するために不可欠な要素となっています。メンテナンス管理により、最適なコストと満足のいく品質、安全性および環境で、製造機器、ユーティリティおよび工場の効率性と可用性を最大限に高めることがきるようになります。その一方で、新しい機器やテクノロジーの普及により、メンテナンス管理は、以前よりも複雑かつより重要になっています。

工場用の新しいツールや機器の登場は、スピードアップと生産能力増加の新しい可能性を広げると共に、従来よりもきめ細かい管理・制御を可能にします。同時に、組織は新しい機器の導入を計画することで、従業員が、新しい機器の安全で、効果的かつ効率的にオペレーションおよびメンテナンスに対応できるようにします。

デジタルな処方的メンテナンス (DPM) をメンテナンス戦略に組み込むことからスタート

スマートファクトリーでは、ローンチを成功させ、投資を迅速に回収できるようにするための、入念かつ詳細なメンテナンス戦略が必要となります。DPM(Digital Prescriptive Maintenance) は、すべてのシステムがオーケストレーションされ、一体化された環境を提供します。DPM には以下が含まれます。

• 自律型メンテナンス:
クリーニングや組み立て、点検といったルーティン メンテナンスに対するオペレーターの責任が変更されても、オペレーターがその修正にもとづいて作業を行えるようにします。これにより、新しい機器とオペレーターとの関わりが深まり、その機器に対するオペレーターの知識が深まります。

• 計画的メンテナンス:
メーカーの推奨および予測される故障発生率にもとづいて、メンテナンスのタスクとインターバルをアップデートします。ベストプラクティスは、以下のようなものです。
・新しい機器の潜在的な故障モードについてのブレインストーミングを行う。
・予測的メンテナンス活動を加速させるためのデータ提供をメーカーに要請する。

• 品質メンテナンス:
新しい機器のエラーの検知と予防を必要に応じてアップデートします。

• 機器の初期制御:
損失や欠陥のないプロセス実現のため、ローンチから生産性向上の状態に至るまでの時間を短縮することに注力する活動を開発および実施します。

• 改善への注力:
最大の問題/価値領域に対する小グループの継続的な改善活動に注力しながら、チームの才能豊かな人材を包括的に活用します。

• 訓練と教育:
オペレーター、メンテナンス担当者および管理者が、新しい機器のオペレーションとメンテナンスを安全で、効果的かつ効率的な方法で行えるようになるための訓練と教育を計画します。新しい機器では、スキルだけでなく、受動型で予防型のメンテナンスのための多様なワークロードが必要とされることがよくあります。そのためには、適切な計画と予算が必要となります。

• 安全かつ健全な環境:
新しい機器における変化の可能性を考慮して、リスク、安全、健全性および環境についての計画は、検証およびアップデートされる必要があります。新しい機器の要件を反映するために、ロックアウト/タグアウトの手順がアップデートされなければなりません。

DPMのケースマネジメントとディシジョニング(意思決定)を活用して、投資の回収をスピードアップ

DPM は、受動的、予防的または予測的なメンテナンスを越えるものであり、これによって、組織は、デバイスおよびシステムのコストとデューティー サイクルを能動的に最適化することができます。新しい機器によってデジタル化が進んでいる工場では、人々と機械のつながりを一元集中管理化およびオーケストレーションさせることにより、複雑な製造プロセスの真の意味での最適化が可能となります。これが、DPM のメリットです。さらに、DPM のエンド ツー エンドのケースマネジメントとスマートなディシジョニング機能により、損失や欠陥のない、スムースなローンチが可能となり、投資回収までの期間を短縮することができます。

業界のリーダーたちは、メンテナンス プロセスをデジタル化することの価値をすでに理解

Rolls Royce Marineはデジタル・メンテナンスのリーダーで、顧客に比類ないエクスペリエンスと結果をもたらすためにサービスの迅速化と改善を行っています。

同様に、Fortune 200 にランクされている、ある農業・建設機器企業は、マシン テレマティクスの活用によって、潜在的な問題を識別し、能動的な対応を行うソリューションを世界中の顧客に提供する、農業・建設向けソリューション プロバイダーへの変革を実現しています。

Xerox も、デジタルテクノロジーを活用して、フィールド サービスオペレーションを最適化しています。エンジニアに必要なすべてのツールをモバイル プラットフォームで利用可能にすることで、同社は生産性を30%向上させることに成功しています。

上記のそれぞれの事例で、DPM は、人とプロセスとテクノロジーを結びつけてダウンストリーム アクションを推進することで、マシンの生産性を最大化します。DPM を採用して、状態の把握、予防または修理のためのネクスベストアクションの分析および定義、さらに内蔵ソフトウェアの自動アップデートを行うことにより、メーカーは、オペレーションパフォーマンスを最大化できるようになるのです。

著者について


ペガのディレクター兼グローバル マニュファクチャリングおよびハイテク マーケット業界担当プリンシパルであるゲリー・マックール (Gerry McCool) は、クライアントがデジタル トランスフォーメーションを通じて、顧客との比類なきエンゲージメントを構築し、最高のビジネス成果を出せるように支援しています。