日東工業、デジタルグリッドに出資

日東工業は、エネルギー関連企業のデジタルグリッド(東京都千代田区)にこのたび出資、両社の技術を生かして再生可能エネルギーに対応する分電盤開発などを行っていく。

環境問題や災害時の集中型電力システムのぜい弱性から、再生可能エネルギーの導入などに対応する電力ネットワークの構造改革の必要性が高まっている。

デジタルグリッドは、ルータ・コントローラを使用した電力融通サービスの提供、機器の販売などを行っている。同社の技術により、消費者と発電事業者が再生可能エネルギーを直接取引する電力、環境価値のピア・ツー・ピア取引が可能となり、再生可能エネルギーの普及拡大に大きく貢献できる。

日東工業は、デジタルグリッドが有する電力を識別する技術や融通制御指令を担うデジタルグリッドコントローラに対応した一体型分電盤を開発し、再生可能エネルギーの拡大と誰でも電力取引に参加できる環境づくりに役立てていく。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る