大江電機 LED回転警告灯「SNESLR」 / LED点灯・点滅表示灯「SNEL」

LED式で長期間使用に最適

大江電機は、韓国・キューライト社製のサイレンブザー結合構造のLED回転警告灯「SNESLR」と、点灯・点滅表示灯「SNEL」で日本の防爆検定を取得し、販売している。

このうち「SNESLR」は、同社製品がサイレンブザー内蔵品としては初めて国内検定を取得した小型・軽量の耐圧防爆型LED回転警告灯。サイレン音は、最大105dB(1メートル範囲)。

「SNESLR」と「SNEL」とも、アルミハウジングで耐久力に優れ、電源結線用端子ボックスとの一体型構造となっている。また、密閉型保護構造IP66、使用周囲温度マイナス40℃~プラス55℃となっており、海外の防爆規格はIECEx、ATEX、NEPSI、KOSHA、CCSに対応している。

 

さらに、LED式のため、電球の付替えが困難な場所での長期間使用にも最適で、防爆ケーブルグランドも防爆検定取得品で、国内での爆発危険領域での使用が可能。

キューライト社の警告灯は同種の製品に比べて価格が30~40%と安いことに加え、顧客の要望に応えた改良も可能なことから、海外で高い実績を有している。

同社では、在庫販売による迅速な納期対応で拡販に取り組んでいる。なお、積層タイプでも国内の防爆検定を申請している。

http://ohe.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG