デンソーウェーブとNECソリューションイノベータが協業、QRコードを用いた「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」の販売を開始

2018年6月14日

デンソーウェーブ(愛知県知多郡阿久比町)とNECソリューションイノベータ(東京都江東区新木場)が協業し、このたび、セキュリティー性が高く偽造や改ざんに強いQRコードであるSQRCに顔の特徴データを格納し、顔認証による本人確認を行う「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」を商品化、7月より両社で販売を開始します。

顔認証技術は、安全・安心な社会の実現に向けたニーズの高まりに対応し、空港・重要施設からオフィス・コンサートに至るまでさまざまな分野で導入されつつありますが、まだ十分に広まってきているとは言えません。こうした背景の下、両社は2014年よりQRコードと顔認証技術の連携を開始し、2017年11月から3カ月間、金融機関で実証実験をするなど、「顔認証なりすまし防止ソリューション」の開発を進めてきました。

このたび、両社が協業することで、本実証実験から得られたノウハウを元に、SQRCを用いたより付加価値の高い「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」を商品化しました。

 

今後は、本ソリューションの一部をクラウド上でも利用できるなど、ユーザーの使用用途に合わせた商品強化を行い、「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」の導入がしやすい環境を提供していきます。

また両社の販売網を生かした共同マーケティングと販売を行い、金融窓口やATM操作時の本人確認、作業者の資格保有確認、店舗スタッフの本人確認、受験・受講時の本人確認など、金融、製造、リテール、教育などの分野で、新しい活用シーンを開拓し販売を拡大していきます。

目標は、両社で今後3年間で、10億円の売上を目指します。

なお、本ソリューションは、6月20日から東京ビッグサイトで開催される設計・製造ソリューション展のNECグループブースに出展します。

▲BHTシリーズを活用した「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」の利用イメージ

 

■製品情報

「顔認証なりすまし防止ソリューション」は、事前に顔の特徴データをQRコードに格納し、本人確認はQRコード読み込みと顔撮影による顔照合により実施します。このため、ネットワーク環境の整っていない場所でも顔認証が可能(オフライン顔認証)、個人情報を端末内に保持しないのでセキュリティーリスクが軽減される、という特長を有します。

「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」では、これらに加え以下の特長を有しています。

■「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」の特長

1. SQRC利用による顔特徴データの秘匿化

セキュリティー機能を搭載したQRコードであるSQRCは、①ひとつのデータに公開と非公開の2種類のデータを格納することができ、②特定スキャナーだけが非公開部の読み取りが可能という特長を有しています。URLなどの一般情報を公開部分へ、顔の特徴データや社員番号などの機密情報を非公開部分に格納することで、機密情報を秘匿化します。

2. 顔認証を利用した業務をハンディーターミナルで実施

SQRCに対応したデンソーウェーブ製ハンディーターミナル(BHTシリーズ)は、QRコードの読み取りはもちろん、SQRCも読み取ることが可能なため、入出庫、検品、棚卸、点検などの業務と顔認証による本人確認を1台の端末で行えます。

※QRコードおよびSQRCはデンソーウェーブの登録商標です
※「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」の一部にはデンソーウェーブの特許(特許第6124124号)を活用しています

参考:「デンソーウェーブとNECソリューションイノベータが協業し、QRコードを用いた『顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)』の販売を開始」