本多通信工業 AOC(アクティブ・オプティカル・ケーブル)8K相当の映像信号を伝送

本多通信工業は、通信分野で培った技術で幅広い分野のコネクタを提供している。Medtec Japanでは、電気信号を光信号に変換し、8K相当の映像信号を伝送可能なAOC(アクティブ・オプティカル・ケーブル)を中心に展示する。ブース№は4308。

AOCは、嵌合部に電気コネクタを採用し、IPX7の防水性能を持つ丸型と、FA機器で実績のある角型の2種類のコネクタを用意している。

特に丸型の給電用電気コネクタ部は、信号用の電気コネクタ部と独立しており活線挿抜に対応。

さらに、伝送距離や布設環境により石英光ファイバーとプラスチック光ファイバーが選択可能で、中でも「高速POF(プラスチック光ファイバー)タイプ」は、高速・長距離伝送・耐EMI性に加え、プラスチック特有の屈曲性/加工の容易性を有しており、今後、安全性を必要とする医療機器や、現場での引き回しが必要な宅内配線などへの活用が見込まれている。

また、光電複合ケーブルは、医療や産業機器への給電が可能で、光インターフェースで問題となるダストリスクを回避できる。

http://www.htk-jp.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG