【各社トップが語る2018】KUKAロボティクスジャパン「最新技術を投入し挑戦」

2018年1月10日

代表取締役社長 星野泰宏 2017年は30%強増と順調だ。高精度なアプリケーションに対応したいというお客様向けに多関節ロボットが伸びている。特にシミュレーションソフトやオフラインティーチングソフトを販売しているソフトウェアベンダーが、ソフトウェア上でパスを作った時、それを忠実に再現できる高精度なロボットとして当社のロボットを勧めてくれている。今後、ロボット導入やライン構築でシミュレーションソフトは重要なツールとなる。これからに期待したい。 人協調型ロボットLBR iiwaは順調だ。自動車や航空宇宙業界はもちろん、非製造業まで幅広い問い合わせが来ている。アプリケーションテストはいつも予約で満杯に…