【各社トップが語る2018】KUKAロボティクスジャパン「最新技術を投入し挑戦」

代表取締役社長 星野泰宏

2017年は30%強増と順調だ。高精度なアプリケーションに対応したいというお客様向けに多関節ロボットが伸びている。特にシミュレーションソフトやオフラインティーチングソフトを販売しているソフトウェアベンダーが、ソフトウェア上でパスを作った時、それを忠実に再現できる高精度なロボットとして当社のロボットを勧めてくれている。今後、ロボット導入やライン構築でシミュレーションソフトは重要なツールとなる。これからに期待したい。

人協調型ロボットLBR iiwaは順調だ。自動車や航空宇宙業界はもちろん、非製造業まで幅広い問い合わせが来ている。アプリケーションテストはいつも予約で満杯になってしまっているので、今年は全国のSIでテストの受け入れができる体制を強化する予定だ。

いま日本のロボット市場は、新しい分野での新規導入が活発だ。18年も追い風は続くが、実際の導入時期は19年から20年以降と見ている。18年は準備の年になるだろう。

18年も引き続き日本市場に最新テクノロジーを投入し、チャレンジし続けていく。注力分野としては3つ。アプリケーションごとに完成したソリューションの「KUKA ready2シリーズ」の販売を強化する。すでに10種類以上あり、日本独自のソリューションも出していきたい。LBR iiwaと、アーム付き自立可動式ロボットのKMR iiwaは、人協調型であると同時に、すべての軸に力覚センサを搭載し、組み立てや加工など複雑な作業も可能だ。優れた知能と感覚を使って生産に付加価値をつけたいというお客様に向けて提案していく。

IoTソリューションとしてKUKA Connectの提案も始める。パイロットカスタマーを見つけ、ロボットの稼働監視から工場全体の見える化と制御の最適化まで少しずつ進めていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG