機械装置産業 新年幕開けから絶好調 出荷額 過去最高を更新

2018年1月17日

●半導体・FPD製造装置 2.5兆円に到達 ●ロボット 生産額1兆円を目指す ●工作機械 2年連続前年超え視野 2018年はスタートから機械装置産業にとって幸先良い報告が相次いでいる。工作機械と半導体・FPD製造装置、ロボットの主要機械の出荷額が過去最高を記録。しかも一時的ではなく、18年以降も堅調に推移するとみられている。関連部材にも好影響をもたらし、日本製造業にとって良い波が押し寄せている。 日本半導体製造装置協会は1月11日、17年度から19年度の需要予測を発表した。17年度の半導体製造装置とFPD製造装置の合計販売額は前年比21.9%増で過去最高となる2兆4996億円に達し、18年度は…