【各社トップが語る2018】サンミューロン「新市場へのアプローチ強化」

2018年1月10日

代表取締役社長 川島敬久 2018年3月期の売り上げは前期比10~15%ぐらいの伸びが見込めそうである。電気制御機器業界は全体に活況を呈しているように感じるが、当社は国内市場を中心とした展開のため波及効果が限られる。 ただ、海外市場の開拓に向けた取り組みとして、米国の放送機器展にはここ3年連続出展して種まきを行っている。今後は海外向けの売り上げが全体の10~20%ぐらいまで増えることを期待している。国内でも、主力のスイッチ・表示灯で産業用車両など新しい分野の顧客でスペックインしてくれるところが増えてきている。とくに昨年発売したSP形ライトスイッチなどが好評を得ている。 生産のほうも市場の好調さ…