NO IMAGE

【各社トップが語る2018】ジック「広領域でセンサ技術活用」

代表取締役社長 松下実

2017年12月期の売り上げは、前年度比12%増加し、過去最高の売り上げを更新することができた。昨年は、通信販売の拡大に伴う運送会社の物流センター投資が活発であったことが大きく貢献した。

また注力を始めたPA(プロセスオートメーション)分野向けでも成果が出始めており、国内プラントエンジニアリング会社から超音波ガス流量計を受注し納入が始まった。また、国内の電力会社数社から排ガスモニターの引き合いも来ている。当社のガス分析計は精度が高くダイレクト測定ができ使いやすいことで、メンテナンスコストが抑えられるとして好評だ。

18年の売り上げは二桁増、19、20年は15%以上の増が期待できる。18年は前述2つに加え、20年の船舶のSOX排出規制(環境)に伴い、排出量を高精度に測定するガス分析計が検討されている。船級協会の認証を取得し販売の準備を整えた。

また、トランスポートロジスティクス向けとして、鉱山向けダンプトラックやフォークリフト等の産業用車両の周辺監視モニター、鉄道の踏切での障害物検知、高速道路での車両の通過検知などに使用されるLiDARセンサ、超音波センサ、レーダーセンサやカメラシステムなども、今後売上増が期待できる。

FAは、システム展開を強めており、安全コントローラとレザースキャナをアプリケーションパッケージとして、AGV向けなどに採用されている。3Dビジョンカメラを使ったシステムソリューションをタイヤや自動車部品での品質検査工程に提供しているが、今年はさらにバッテリーなどのエレクトロニクス分野向けにも広げたい。

ロボットでは協調ロボットのセーフティ対応や、EtherNet/IPのパッケージソリューション、3Dビジョンカメラ等を応用したバラ積みピッキングなどのソリューションの開発も進める。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG