日立産機 圧縮機を大幅小型化 モータ技術で 分散設置可能に

2017年4月19日

日立産機システムは、アモルファスモータ一体型オイルフリースクロール圧縮機(コンプレッサー)を世界で初めて開発、3.7kW/5.5kW/7.5kWの3機種を3月から発売した。 新製品は国際高効率規格の最高レベル(IE5相当)を達成したアモルファスモータをインバータ駆動することで省エネ性能を高め、さらにモータと圧縮機本体を一体化し、現行販売機種(7.5kW同容量機)と比べ、容積で半分以下(63%減)と大幅な小型化を達成。省スペースでの設置を可能としている。モータと圧縮機を接続するベルトや機構部品などがなくなることで、メンテナンス項目も削減した。 オイルフリースクロール圧縮機は、低騒音・低振動が特長…